日本気象学会関西支部 第38回夏季大学に参加しました。

(2016/08/20)

偶然見かけた告知から、京都で開催される講演会に参加してきました。

「豪雨をもたらす雲のしくみ」
気象庁気象研究所予報研究部第三研究室 研究官 荒木 健太郎 先生

「電波で見て知る 豪雨と雷」
神戸大学都市安全研究センター 教授・センター長 大石 哲 先生

「京都東山の山津波」
東京大学空間情報科学研究センター/立命館大学歴史都市防災研究所 客員研究員 諏訪 浩 先生

Follow me!