倍賞千恵子 の 「さよならはダンスの後に」 でした。