尾崎紀世彦 の 「また逢う日まで」 でした。