松任谷由実 で 「真夏の夜の夢」 でした。