秋川雅史 の 「千の風になって」でした。