森進一 の 「襟裳岬」 でした。

なにもない~はるですぅぅぅ~♪